49日迄と白木位牌

おはようございます
三休でございます
お葉書紹介をさせて頂きます

急ぎの白木位牌

この度は急なお願いにも関わららず
白木位牌をお届け頂き有難うございました

たとえ数日間でも

遺骨の前にお祀り出来た事に

大変感謝を致しております

また色々とご相談にもお答え頂き
ありがとうございました

白木位牌
白木位牌

ありがとうございました

埼玉の方からお葉書を頂きました

亡くなって

そして魂が浮遊して

そして死出の旅路に出てるって言います

死出の旅路に出て

511181

7日毎に裁判がある

今の若い方は

分からないかもしれませんが

昔は初七日、二七日、三七日、四七日、五七日

六七日、7×7=四十九日なんです

七日毎に法要をして

そして七日後に

七日毎にお坊さんが家に来て

そして法要をして初七日にはお不動様

二七日には釈迦如来

三七日には文殊菩薩と

そうして

それぞれの仏様の配当

株の配当とは仏教の言葉なんですね

そのようにして仏様が導き引導して下さる

四十九日までは、彷徨っている

そして四十九日までは

まだこの世に彷徨っているから

それの位牌

仮位牌としてあるのが

白木の位牌なんですね

白木の

位牌そこに魂が一旦

まぁ、私

こんな事言ったらあれなんですけど

そこには仮位牌ですから

ちょっと腰掛ける様なもんですね

死出の旅で『あぁ〜疲れたなー』と思った時に

ちょっと腰掛けてですね

フッと思うと

あぁ〜皆んな遺族

の人達皆んな

俺の事こうして供養してくれてるわ

よし、もうちょっと

頑張って

四十九日まで死出の旅路に出て行こうと

あの、仏教的な教えではこれは無いんですけどね

まぁ一般的な俗的な

あの中国の

十王経という中から

こういう事になってはいるんですけれども

でも私、こんな事言ったらおかしいかもしれませんが

四十九日まではなんだか本当に

身近にいる気がするんです

これで多くの方がおっしゃられます

なんだか49日迄は

なんか外に行っていない様な気がする

いつもなんか傍にいて夢に出て

実は私も

父が亡くなった時には49日間

本堂で朝のお勤めしてましたら

いつも居たんですね

ハッ!今日もおられますか

みたいな感じですね

幽霊のまぁ、そんな話をする訳ではないんです

がなんかそんな気がするんですね

49日間っていうのやはり

喪に服す時であり

そして49日で

やっと忌明けになるんですね

この間やはり49日間は結婚式だとか

お祝い事は避けて

そして人とも出会う事もなく

しっぽりとその故人と向き合う時なんです

そして49日になって

やっと初めてそれを精進落としですね

初めてまぁ、の先祖にもなったので

私達はこれから元の生活に戻っていく

という事だと思うんですね

そうして死んだ人と

だからその白木の位牌が無いという方は

じゃあ故人どこ行ってるんでしょうか

かねっていう事になるんです

イヤイヤ、多くの方は

その白木の位牌の存在を知らない方がある

イヤイヤ、もぉ一番安いので

もう直送で、も葬儀社方から白木の位牌

どうしますか?いらないですよね?

って言われたら

あぁ、ハイハイって答えるしか無いですよね

私も葬儀の子供達、そう

子供達っておかしな

葬儀社に勤める

子達の仏教教えてたんですね

ですからそのこれから将来

葬儀ディレクターとか葬儀の担当するような

そういう子達に専門学校でですね

そうすると

人が亡くなったこうだからこうだよね

必ずその白木の位牌があって戒名があって

そしてやっぱりみんなが安心するんだよってゆう

ちゃんとそうして葬儀ディレクターとして

勉強してる人にとっては

ちゃんとこれは大切ですよ

話になるんですけれども

勉強せずに

ただ葬儀の担当する様になってくると

イヤイヤ、そんないらないんじゃない

49日迄ですよと

もうスグに捨てるの

また困ってしまうから

無くても良いんじゃ無いですか

また後で本位牌を作られたら

いいんじゃ

無いですかって言うか

軽い気持ちなんですね

まあ果たしてどうか分かりませんけれども

だけど私は白木の位牌は

例え俗名の白木の位牌であっても

あった方がいいと思います

そして今日の葉書の様に

葉書の様に

たとえ数日間

私いつも言うんです

たった1日でもいいから置いてあげてください

白木の位牌を置くことによって

皆んながそこで安心をされるんですね

そしてなんか

故人がホッと落ち着いた気がするんです

そしてやっと49日の時には

白木の位牌と塗りのお位牌を一緒に

置いてそして

魂替えって

言いますか

そこの魂から

今度黒い塗りのお位牌に魂を替えていく

そうする事によって

本当に、こう人がこう亡くなって

死出の旅路に出て先祖の仲間入りをして

黒いお位牌になって仏壇に入って

やっと

皆さんの心が落ち着いていくのだ

と思います。

有難うございました