戒名を授かった遺族の方からお礼状が来ました

大好きだった花が戒名に入っていた

お亡くなりになったお母様は、お花がとても大好きだったそうです。

お花でもいろんな種類の花がありますね。

白い花であれば「白蓮」

黄色い花であれば「コスモス」

春であれば「桜」など

その方の好きなお花や、季節感。

季節感とは、亡くなった時期の事です。

川島なお美さんの戒名

例えば、川島なお美さんは、秋想院彩優美俊大姉です。

秋に亡くなっておられることや、ワイン会長しておられたことでもしられています。

「秋想院」ぴったりだと感じております。

そのように、春に亡くなった場合、秋に亡くなった場合

もしくは、誕生日から見る場合も。

「春風」とつけば、春の勢いが表れていますので、亡くなった日をあらわすのではなく

産まれた時期をあらわしています。

そのように、季節感をもって故人を見てみる事が出来ると考えます

末代までの戒名

まさに戒名は末代までの物になりますので、その方にふさわしい戒名が一番いいですね。

その為にも、出来るだけ、故人様の事をお聞かせいただいております。