この度は早々に心のこもった法名をいただき、心から感謝いたします。
高いお金を払わないと供養にならないという呪縛から解放されたような気がします。
これからも亡き父に寄り添って生きていきたいと思います。
ありがとうございました。