お彼岸について

お彼岸とは、この苦しみの世界から悟りに世界にいくという意味があります。

代表的なのが、般若心経です。

般若心経の冒頭に「摩訶般若波羅蜜多心経」とあります。

魔訶とは、インドの言葉で、マハーという音源が、漢字になり音訳されました。

意味は、偉大なるという意味です。

偉大なる人というように使う意味で、大きなビルとかの大きさをあらわしたものではありません。

般若とは、知恵の事です。

波羅蜜多とは、パーラミターという音を当て字されたものです。

この苦しみの世界から、苦しみのない悟りの世界に渡ろう。という意味です。

私たちのこの世は、四苦八苦と言われるように、苦しみの連続です。まさに、一切皆苦です。

その苦しみは、私たちの無明からおこるものです。

自分の力で何かできないか?解決できないか?と浅はかな考えを持つのです。

もっと大きな視点に立って、命の存在 私たちの人生を見直してみてはいかがでしょうか?

避けることが出来ない、その苦しみを、苦しみととらえることではなく、日々の人生をみて、無常を知る。

無常という生活の中から、苦しみを超えた世界を見ることが出来ます。

お彼岸では、お盆(ぼん)の時のような特に決まった行事や飾(かざ)りつけをすることはありません。

一般的にはお墓まいりに行く方が多いです。

お彼岸の期間の7日間は、中日がご先祖さまに感謝(かんしゃ)する日、その前後6日間は、人が生きていく上で良いことと悪いことをきちんと判断(はんだん)し、正しい行いができるようになるための6つの行い(六波羅蜜)

1.布施 分け与える、

2.持戒規律(きりつ)を守る、

3.忍辱 怒(いか)りをすてる、

4.精進 努力する、

5.禅定 心を安定させる、

6.智慧(ちえ)をあらわす

を1日に1つずつ行う大切な期間です。

ご先祖さまへの感謝の気持ちをもちつつ、普段の生活の中で、正しい行いをするように心がけてみましょう。

 お彼岸の期間には、家族みんなでお墓まいりに行き、大切に守っていきたいものです。

お墓詣りが出来る幸せ。

先祖があるから、私たちが生きているのです。目に見えなくとも、先祖と共に生かされている

 お家に仏壇(ぶつだん)がある場合は、仏壇や仏具(ぶつぐ)をきれいにそうじし、おはぎや季節の果物(くだもの)などをお供えします。

 

ぼたもちとおはぎってどうちがうの?

春のお彼岸の頃には「牡丹(ぼたん)」の花が咲き、秋のお彼岸の頃には「萩(はぎ)」の花が咲くことに由来(ゆらい)しています。

また「牡丹(ぼたん)」の花は、大きな花ですから「牡丹餅(ぼたもち)」は大きめに、「萩(はぎ)」は小さな花なので「お萩(はぎ)」は小ぶりに作られるようになりました。

つまり、「ぼたもち」と「おはぎ」は、基本的には同じ食べ物ですが、食べる季節が違うため、呼(よ)びわけるようになったのです。

面白いもんですね

あんこに使われる“あずき”は、古くから悪いものを追(お)いはらう効果(こうか)があるとされてきました。

春は、種をまき、食物(しょくもつ)の成長を願(ねが)う季節、秋は、食物の収穫(しゅうかく)の季節です。

この時期にあずきを使った食べ物を食べたり、ご先祖さまに感謝することは、自然への感謝や祈(いの)りとも深(ふか)くむすびついているのです。

この機会に、皆さんと共に手を合わせ、祈りましょう。