49日を過ぎてしまった場合

四十九日法要をどうしようか?何をすればいいのか?

と悩んでいたら、49日を過ぎてしまいました。
という相談も多くなってきました。

初めてのことで、何をすればいいか?

誰に相談すればいいか?

全くわからないとおっしゃる方が多くあるのも無理もありません。

49日法要は、仏教的には中陰法要と言ってとても大切な法要です。
ですから、しっかりと法要を勤めなければなりません。

49日を過ぎてしまったら、もうすることは出来ません。

しかし、そのような場合は、49日法要に代わる「追善法要」を行います。

この時に、位牌に魂入れをして、そののちに仏壇にお納めします。

気が付いた時に、出来るだけ早くご供養されるのが良いでしょう。