令和2年6月27日

茨城県ひたちなか市にて49日法要に伺わせていただきました

梅雨の晴れ間の良いお天気になりました。

地域のお墓がありますが、お寺様とのお付き合いがあまりないとの事で

本寿院からうかがわせていただきました。

そのように、お墓は代々あるが、法要を依頼出来る御寺がないという声は多くあります

元々は、地域のお寺の檀家であったのでしょうが、檀家を止められたのか?それともご住職が高齢で出来なくなったのか・・・

様ざまな事由があると推測します。

お墓に伺いますと、周りのお墓もとてもきれいにされています。

とても先祖を大切にされ、お墓もあつく供養されている様子が伝わってきます。

ただ、娘さんだけ、子供がいない、など様々な理由で墓じまいに悩んでおられる方も多くあるようです。

今回の喪主も今後の心配をなされていました。

でも、お墓参りをする幸せがあるといつもお話ししております。

お墓に手を合わせ、先祖に感謝の心を手向ける。

なんだか不思議とすがすがしい気分になるものです。

小さな手を合わせ、おばあちゃんの冥福を皆さんと共にお祈りさせていただきました。

三浦尊明 合掌