この度は身に余る美しい戒名を戴きまして、心より御礼申し上げます。

此れからの余生は戒名に恥じない様に仲間との和を大切にゆるりと明るく過ごして行きたいと思います。

ありがとうございました。