父が亡くなって半年・・・父の想いもあり、ずっと俗名のままでいました。

戒名が無いことがずっと気になっておりました。

「俗名のままでは仏様になることはできない」と知り、没後戒名をつける決心をしました。

そして驚くほど素晴らしい戒名を授けていただき、大変嬉しく思っております。

お願いして心から安堵致しました。生前の父は容姿が良く、気品もある静かな人でした。

戒名は優しく、美しく、父の歩んできた人生が輝いていたように感じました。

三浦尊明住職にお願いをして本当に良かったと思っております。

深く感謝し御礼を申し上げます。戒名が入ったお位牌に手を合わせ、父も私達も救われた思いがします。

ありがとうございました。

三浦尊明三浦尊明

この度は、ご愁傷さまでございました。

速やかに御仏の御もとに導かれ、霊安かれとご冥福を心よりお祈り申し上げます

まずは、仏弟子となり、一つ一つお父様のご供養をしてまいりましょう。

皆さんご安心下さったことと存じます。

今年は、新盆ですね。お父様をお迎えしたしましょう。合掌