戒名を授かった方から、お礼と本尊開眼のお手紙をいただきました。

「先日は、父のために父を思い起こす様な素敵な立派な戒名を授与頂き、本当に嬉しく心より御礼申し上げます。

病状が現れてから、ほんの三か月と少し、駆け抜けるような闘病生活でした。

突然のことで、家族一同 精神的にもそして金銭面でも、驚き、とても悲しく困惑しておりました。

ホームページにてご住職を拝見して、私達でもできる限りの供養という形にしてあげたいと、

それをご住職にお願いしたいと心から思いました。・・・

ピカル先生ピカル先生

お手紙ありがとうございました。一つ一つご供養して参りましょう。